貸金庫を借りる審査基準は銀行の支店によって違います!

最近大人気になっている、銀行の貸金庫を借りるには審査があります。

以前であれば、貸金庫を借りたい銀行に普通口座を持っていれば、貸金庫を借りる事が出来ましたが、最近では銀行独自の審査基準があるようです。

貸金庫の審査基準

基本的には、本人がきちんと確認出来て、ある程度の信用があれば借りる事が出来ます。

しかし、このある程度の信用と言うのがあいまいになっています。



最低限の審査基準として、まず、その銀行と取引がある事です。

取引があるだけでなく、預金残高が1千万円以上が好ましいと言われています。

他にも勤め先が明確になっている事や、自宅が銀行の支店の近くにある事なども審査基準になっているようです。

もちろん、金融会社などのブラックリストに載っていたりすると、貸金庫を借りる事は出来ません。

東日本大震災以来、貸金庫の安全性が大きく見直されて申し込みが殺到しています。

自分が上記の条件を満たしていると思われる方なら、銀行の貸金庫が空いていれば借りる事が出来る可能性が高いと思います。

貸金庫が借りたい方は、近くの銀行に申し込みんで見てはいかがでしょうか?


 

コメントを残す