貸金庫の契約者が死んだ場合は中身はどうなるの?

貸金庫を借りていた人が死んだ場合は、銀行から貸金庫を解約して欲しいと連絡が入ります。

その場合は、相続人全員の立ち会いの元に貸金庫の中身を取り出す事になります。

ここで勘違いされがちなのは、金庫の中に現金が入っていた場合は、銀行でお金を下ろすように銀行に対して、払い戻しの手続きが必要になると思われている方が多いんです。



でも、実は貸金庫は、あくまで銀行がスペースを貸し出ししているだけの物なので、中身に関しては、相続人全員の前で貸金庫を開けて、その場で解約と言う流れになります。

中身に関しては、相続人同士が話し合う事で、銀行が口を挟む事はありません。

ほとんどのケースで、銀行に行って、貸金庫を開けたら、その日中に中身を持って返れるケースが多いです。

貸金庫はあくまで銀行が、スペースを貸しているだけの物になるので、中身を取り出す際に銀行が口出ししたり、銀行に手続きをする必要はありません。


 
Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/afirimain/keygoods1.info/public_html/wp-content/themes/refinesnow2/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/afirimain/keygoods1.info/public_html/wp-content/themes/refinesnow2/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/afirimain/keygoods1.info/public_html/wp-content/themes/refinesnow2/comments.php on line 35

コメントを残す